バイナリーオプションTOP 国内バイナリーオプションの手数料とスプレッド比較

国内バイナリーオプションの手数料とスプレッド比較

国内バイナリーオプションにも取引コストがかかる

最も取引コストが低いのはFXトレード・フィナンシャルの「バイトレ1000」

国内バイナリーオプションの比較も始めました。バイナリーオプションといえば、FXの派生系金融商品。何時間後かの為替の行方が、選んだレー卜の上にいくか下にいくかの2択で選び、それが当たればペイアウトを受けられるというものです。

バイナリーオプションって、どこのFX会社でやっても一緒でしよ?と思ったら、大間違い。実は、各社ごとに取引のコストが違います。

現在、バイナリーオプションを提供している会社は7社。手前味噌ではありますが、数ある比較サイトのなかで、コスト面でも7社を比較しているのは当サイトが最初だと自負しています。

バイナリーオプションの口座開設を考えているのであれば、ぜひ一度、覗いてみてください。何か発見があるかもしれません。

 
手数料
スプレッド (ペイアウトに対する割合)
手数料:無料
スプレッド/ペイアウトに対する割合):金額68円(7%)
手数料:無料
スプレッド(ペイアウトに対する割合):金額50円(5%)
手数料:無料
スプレッド(ペイアウトに対する割合):金額49円(5%)
手数料:無料
スプレッド(ペイアウトに対する割合):金額90円(9%)
手数料:無料
スプレッド(ペイアウトに対する割合):金額68円(7%)

バイナリーオプションのスプレッドとは

国内バイナリーオプションのコストまとめ

  1. 国内バイナリーオプションは手数料無料で利用できる
  2. 国内バイナリーオプションにもFXと同じようにスプレッドがある。スプレッドは満期のレートに上乗せされているので影のコストといえるだろう。

自分にあった国内バイナリーオプションを比較検討しよう