バイナリーオプションTOP 経済指標を国内バイナリーオプションに生かすポイント

経済指標を国内バイナリーオプションに生かすポイント

国内バイナリーオプションで経済指標をトレードに生かす2つのポイント

一つ目は、国内バイナリーオプションだけではなく、FXのスイングトレードでも活用できますが、トレンドをつかむための材料にする場合です。中央銀行が金融政策を決定する上で重要視する雇用統計や失業率、CPI、GDPを観察して中央銀行が金融政策を変更するタイミングを見極めていきます。少しでも早く政策変更の兆しを見つけ、国内バイナリーオプションのトレードに生かしています。

例えば、FRBが2020年9月に利下げを実施する確率が50%くらいだったとして、前月の米雇用統計の結果が悪かったとすると、その結果を受けてFRBの利下げ確率はどこまで上がるのか?また、利下げ確率が上がるならどのくらいの結果が出てくれば利下げを見込んでドル売りを仕掛けるのか?この辺りを注意しながら経済指標を分析しています。

二つ目は、指標発表時の値動きでトレードする場合です。指標発表時のトレードでは、経済指標の予想と結果の乖離が大きかったときにどのような動きをするのか分析、予想しています。予想と結果の乖離がどのくらいあれば動くのか?乖離がどのくらいだと戻ってくるのか?などを分析して戦略を立て、トレードに生かします。

例えば2019年8月7日のニュージーランド政策金利発表では「予想1.25%、結果1.00%」と予想外の利下げがありました。当然NZドルは売られます。NZドル円は5分で110pipsも下げたのですが、さらに売られ続けていました。

ちなみに、過去の経済指標発表時の値動きを確認したい方は、国内バイナリーオプションを提供しているネット証券会社、FX業者の口座を保有したら誰でも過去の経済指標結果、将来の経済指標カレンダーは無料で利用できます。

3分でわかる!バイナリーオプションの始め方とやり方

現在注目されている旬な経済指標を確認しよう

テスト参考: http://account.rakuten-sec.co.jp/cgi-bin/btracking?bname=AL_SEC_fxsec123&accInputRoute=0&URL=https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fx/lp_fx/?aid%3Daf_AL_SEC_fxsec123

経済指標を分析していくうちに、「なぜ動く指標と動かない指標があるのだろう?」「なぜ今まで動いていた指標が動かなくなるのだろう?」という疑問を持つようになりました。その答えは、ファンダ分析をすれば知ることができます。今現在、注目されている経済指標を把握することが、トレード成績を上げることにつながると思っています。

初めは難しいと思うので、私か要点をまとめているブログを参考にしてみてください。そして、少しずつ自分で分析できるようにしていきましょう。経済指標発表時のトレードはボラティリティも大きくなるので、攻略すれば利益になる手法だと思います。ぜひ、チャレンジしてみてください!

自分にあった国内バイナリーオプションを比較検討しよう